143:本気の戦闘ッ!

シュシュとオズワルドはまず接近戦から始める。
今回の戦闘の目的は「全力のぶつかり合い」なのだ。
ちまちま遠距離攻撃するより、拳で語った方が話が早いと獣の本能で理解していた。
押忍ッッ!!

『[スピン・キック]ぅ!』

『がるるっ!』

細やかにキックを繰り出していたシュシュがここぞとオズワルドの背に蹴りを放つと、オズワルドが強靭な後ろ足のバネで前進してかわす。
素早く振り返って[咆哮]を響かせるが、シュシュは怖気づかない。
一瞬で[暗躍]して姿をくらました。

またキックを放とうとするが、風をきる気配を察したオズワルドは間一髪で避けて頭突きを食らわせる。
吹っ飛びながら、シュシュがオズワルドの真正面に[衝撃覇]を放った。

とっさのスキル発動で威力が控えめだったので、オズワルドは[嚙み砕き]で飲み込む。
[炎の毛皮]をまとった。

何度も何度も、二人は身体をぶつけ合う。
オズワルドの方が経験も手数も多く圧倒的ではあるが、シュシュはどれだけ吹っ飛ばされても諦めない。
その姿勢と眼光の力強さから、オズワルドは何か大切なものを感じ取った。

金眼を細めると、シュシュの魂がまばゆい光を放っているのがはっきりと視える。

オズワルドが意識を逸らした瞬間を見逃さず、シュシュが訓練場のカカシを足場にして、高く飛び上がった!
ここからまた蹴りを繰り出すのだろう。

『[|重力操作(グラヴィティ)]!』

『っ!』

シュシュが一番高い場所にいるタイミングで、オズワルドはシュシュの身体をズドンと重くした。
容赦はしない約束だ。
これは母親から受け継いだ力……とオズワルドは身体に宿る愛情を思う。

シュシュがバランスを崩しながら、真っ逆さまに地面に落ちていく。
落下スピードは速く、地面に当たる直前で[|重力操作(グラヴィティ)]を解除しても、大怪我は必至である。

「うわオズワルド坊ちゃん本気の本気だ……タイミングえっぐいな」

「一気に終わらせに来たね」

護衛部隊が従魔の戦闘を見る、その目は真剣。
この実力を見て、ぞくりと肌を粟立たせている。

ルーカが(サンクチュアリは硬質だし、クレハとイズミが受け止めるのが最善策かな?)と介入を考え始めた。
クーイズもそのつもりのようで、魔物型になって備えている。

しかし、レナが指示をする様子はない。
危険な状況であると分かっているだろうが……シュシュをじっと眺めている。

まだ、目が爛々と輝いているシュシュを。

(なんだろう、身体の内側に爆発しそうなくらいのエネルギーを感じる……! シュシュ、こんなに熱い戦闘を、まだ終わらせたくないよっ)

それならば、内側のエネルギーを解放しようではないか。

(心当たりはある。シュシュ、最近の採取クエストの時にたくさん魔物を倒した。でもまだレベルアップしてない)

シュシュが歯を食いしばり、気合いでグルリと体勢を変える。
ギラギラ光る目が、訓練場の罠をいくつか探し当てた。

『[覇]ああぁぁ!!』

罠に向かって、シュシュが[衝撃覇]を放つ! 放つ! 放つ!
ウサギのキックの威力が遠方に飛んでいき、複数の罠を壊した。

<従魔:シュシュのレベルが上がりました! +1>
<スキル[自由の翼]を取得しました>
<ギルドカードを確認してください>

『っしゃあ! キターー! スキル[自由の翼]』

シュシュが直感で覚えたてのスキルを使用すると……シュシュの羽根耳が広がり、背には光の翼が現れる。

ぎょっとしているオズワルドを見て、にいっと力強く笑うと、まるで重さなど感じさせないように軽やかに地面に着地してみせた。
オズワルドの[|重力操作(グラヴィティ)]が効果を発揮できていない。

レナが手に持ったギルドカードに、見せつけるようにキスする。
▽シュシュの テンションが 上がった!!

『『キラ先輩〜みんなにぱふぱふしてー? 今ね、ルーカが話すと護衛隊のお姉さんに聞かれちゃいそうだから』』

<ガッテン承知! ギルドカードの情報を言いますね。詳しい説明はまた後でルーカティアスさんに任せましょう。
[自由の翼]……光の翼が実体化し、自由に空を飛ぶことができる。エンジェル種族特有の初期スキル。今後、常に翼を実体化させている上位種族にクラスチェンジする。
[情報防御]の追加効果があり、自分の能力や精神への干渉を受け付けない>

『『すげー!』』

クーイズがポヨポヨと弾み、歓声を上げる。
キラの気遣いに、ルーカが苦笑した。

(この局面で新たな能力が目覚めたのは、シュシュのギフト[カーバンクル]の効果だろう。
シュシュがハイテンションな時、自分と周囲の者の成長を促進するみたいだから。
でも、まだ羽根飛びウサギなんだから[自由の翼]を取得するには早すぎる。
本来は天使族の下位種族にクラスチェンジした時に取得するスキルを前借りしている、という状況のはず。
今のシュシュは、翼を上手く扱えないんじゃないかな)

ルーカが冷静に思考する。
第三の目を開いたリーカに[テレパシー]も読まれる危険性があるので、みんなに考えを伝えられず、じれったく感じているようだ。

シュシュは翼で飛んでオズワルドに向き合おうとしたが、半透明な翼ではイメージ通りには飛べずに、地面から少し足を浮かした状態でバタバタとしている。
シュシュを観察していたオズワルドは、この間は攻撃することはなかった。

『ううー! ここで一気に巻き返して、シュシュが勝利をキメると思ってたのにっ』

諦めて地面に降り立ったシュシュが、ダッシュする!
堅実に戦法を変えたようだ。
翼では飛べなかったものの、レベルが上がって、以前に増して動きが素早くなっている。
翼をたたんで弾丸のように走っていく。

『悪いけど、俺も負けず嫌いだからな。シュシュにやすやすとやられる気はない。俺が勝つ』

オズワルドが正面から迎え撃つ。

『スキル[リトル・ボム]』

シュシュと自分の間にボムを出現させ、爆発させた!
落とし穴全てを暴き出し、草結びなどのトラップをまとめて焼き払う。

『この一帯に誘い込もうとしてたんだろう?』

『そうだねっ』

シュシュは爆発に驚いて減速するどころか、

『スキル[逃げ足]、[自由の翼]ァ!』

なんとスキルを使用してさらに加速、オズワルドの目前に躍り出る!
爆発の煙の中から、二対の光の翼に包まれてシュシュが飛び出してきた!

爆発地帯を強引に突っ切り、最後の[リトル・ボム]を背にすることで、「爆発から逃げている」という世界の判定を手にしたのだ。

『[スピン・キック]ぅ!』

『[シャドウ・ナイフ]』

スキル、と唱える間も惜しむほどの接戦。
この場合、少し威力は下がるが問題なくスキルは発揮される。

シュシュの渾身のキックを、オズワルドはナイフを一箇所に集中出現させて防いでみせた。

「シュシュもシュシュなら、オズワルドもオズワルドだな……」

「うおおい、なんつー非常識な使い方だよー。[シャドウ・ナイフ]をそんな風に利用するなんて、聞いたことないぜ?」

ドリューたちが呆れたようにコメントする。

ロベルトが自分の爪を見た。また、ほんの僅かに伸びている。
カーバンクルを輝かせまくっているシュシュのハイテンションが、距離を取っている者にまで影響を及ぼしているようだ。

レグルスが睨むように眼を細めた。
オズワルドの青炎の毛皮のほんの一部が、純白に染まっている。

ぐるるっ、とオズワルドが呻くように喉を鳴らす。

『……身体の内側が焼かれてるみたいに熱い……。
白炎が現れて、きてるのか……シュシュ。この白炎の莫大な力は、まだ俺にも制御できない。毛先が少し影響を受けただけで、自分も飲みこまれそうなんだ。
きっと、このままダラダラ戦闘してたらもっと白炎の範囲が広がって、シュシュに大怪我を負わせることになる……気がする。
まだ影響がわずかなうちに、一度、思い切りぶつかって終わりにしよう』

『ーーいいよ。そういう展開大好き! オズワルドとの戦い、本当に燃える』

『物理的にもな』

オズワルドがふんっと鼻息を漏らした。
度重なる接触で、シュシュの毛皮はところどころがちょっぴり焦げている。

子ウサギとそれなりの大きさの犬では体格がまるで違うが、今更そんな野暮なことを注意するギャラリーはいない。
獣同士の魂の戦闘をただ真剣に見届けようとしている。

「貴方たちの昂まる気持ち、素直な衝動を、最高のパフォーマンスで表現するといいわ。
私の可愛い子たち、上手にできるわね? スキル[鼓舞]!」

観戦していたレナが立ち上がり、高笑いとともに鞭をピシンッと振るい、従魔を限界まで強化する。

「きっと大切な経験になるはずよ」

従魔のためを思っての愛の鞭、凛々しい掛け声からの優しい微笑み、もうたまらなーい!

赤の女王様への信仰心が高まっていく!
この瞬間はもちろんキラがあらゆる角度から撮影した。

シュシュとオズワルドが数メートル距離を取り、シュシュが光の翼を、オズワルドが青の炎を輝かせる。

「キラ」

<あーんマスター、ご指名喜んでー! レディーー……ファイッ!>

レナの一声でキラがゴングを鳴らし、二人が駆け出した!

シュシュは思う。もっと相手をよく知り、親愛を込めて、優しく接するようになりたいと。

オズワルドは思う。もっと自分を素直に晒し、仲間を信頼して打ち解けたいと。

どちらも同じ、仲魔とともに前進したいと願っている。
だから、この頭突きにすべてを込めるッ!

『『はああああああッ!!』』

ゴォーーーーーーンッ!!

シュシュとオズワルドの額がぶつかり合い、鈍い音が響いた。
痛そう……とみんながはらはら二人を見る。

シュシュがふっ飛ばされそうになったが、翼を大きく広げて衝撃を殺し、根性で持ちこたえる。

二人ともよろよろと後ずさると、それぞれのスキルを解除して、素の自分に戻った。
震えながらまた近寄って、鼻先をコツンと触れ合わせる。

『『……ッナイスファイト! ごめん!』』

くてっと腰を下ろすと、顔を空に向けて笑い始めた。

「分かり合えたみたいね。お疲れ様」

レナが呟くと、声を目ざとく拾った二人がレナの方を向く。
レナはハマルをひと撫でした後、ハイヒールで優雅に歩いて近寄った。

「二人とも、自分と相手のために全力で戦ったわね。それはとても大切なことよ」

自分の主張をぶつけるだけでなく、全力の戦闘を望んだ仲間の意思も尊重していたのだ、とレナが言う。
オズワルドの僅かにくすぶっていた罪悪感も取り除いた。

「自分のことも相手のことも、どちらも愛してあげましょう。大切にされている人物って、よく分かるものよ。それができれば、貴方たちはいっそう輝くでしょう。
輝く者には、みんなが丁寧に接してくれるようになる。たくさんの好意が寄せられる。健全な気持ちで向けられた好意は返してあげてね。素敵な繋がりができて、人生が豊かになるから。
悪意は蹴散らしなさい。そのための力も、仲間が貸してくれるから。
そういう輝く人物を目指しなさいな。
きっとなれるわ。だって私の従魔なのだもの!
二人はまだ自分を愛することが苦手みたいだから……ご主人様がいっぱい可愛がってあげましょうね」

レナがしゃがみこんでシュシュとオズワルドの瞳を覗き込むと、綺麗に微笑んだ。

スカートが地面に触れることも躊躇わない。従魔たちに寄り添ってこそご主人様なのである。
シュシュのハートがズギュンッッ!! と撃ち抜かれる。

「この戦闘で、これからの自分自身について明確にイメージができたのではないかしら?
いい目をしているもの」

ハッとしたように、シュシュが口を開いた。

『あ、あのね! シュシュ……これまでは自分が愛されたいばっかりだったと思うの。でもそれじゃ、仲魔とも衝突しちゃって……そんなの望んでない、悲しくなるだけなのに。
みんなに仲良くしてもらえて嬉しい。だから、その幸せな気持ちをいっぱい返して行きたいよ!
愛情溢れる、笑顔が素敵な女の子に……ご主人様みたいになりたいって思う……。
目標にしても、いい?』

「あら。もちろんよ。私を目指すなんて志(こころざし)が高くてよろしくてよ!!」

レナが口元に手を添えて高笑いする。

シュシュとの熱い抱擁が終わってから、オズワルドがレナに告げた。

『主さん……俺も、目標ができた。いや気付いたっていうか、もともと考えてはいたんだ。ただ「絶対にできない」って諦めて燻ってただけ。
ーー魔王ドグマを、越えたいんだ。そのために特訓して強くなりたい』

オズワルドの目が真剣にレナを見つめる。
隣にいるシュシュが息を飲んだ。

レナは余裕のある微笑みでその意思を祝福する。

「確かに聞き届けたわ。ではこれから、オズワルドを強化するための特別プログラムを組みましょう。どれだけでも力を貸してあげる。
オズワルド、そんなに驚いていないで。驚いた顔も可愛いけれど。
耳をピンと立てて、堂々と口角を上げて、自信を持って佇(たたず)みなさいな。
私の従魔にできないことなんてなくってよ!」

『……うん! ありがとう』

オズワルドは見事な漆黒の尻尾を揺らすと、晴れ晴れと笑ってみせた。

 

 

 

pixiv fanbox

 こちらにはイラストまとめ、創作裏話、ホームページ制作の記事を書いています。ぜひお楽しみいただけますように。
 100円ご支援いただけることは、書籍一冊買ってくださったのと同じ助けになります。
みなさまいつも応援ありがとうございます!