ツイログ

黒杉くろん公式ツイッターでの、つぶやき記録。

 

(2018/12/6)

 

>>rt(打切についてのツイートを拝読してのコメント)

レアクラも、打ち切りになりそうだから助けて! って話した時、「大好きだけど買えなくてごめんなさい、応援できるだけのお金の余裕がなくて」とのメッセージを貰いました。

その方に伝えたことです。

 

まず、その言葉を、いろんな人に見える場で書いてくれたこと、すごく大きな力になったと思います。作品の続刊に、書籍の売上は確かに必要ですが、いろんな応援の仕方があります。そのひとつを、確実に、してくださいました。

 

きっとあなたの声もきっかけになり、同じように作品について語ってくれる人が、どんどん増えました。

いつか買おうと思っていたのを今にする、って書籍を買ってくれた人や。

保存用追加購入しました!ってさらに助けてくれる人や。

作品を初めて読んで、面白かったです、ってコメントをくれた人もいて。

声に出して「作品が好き」を言ってくださるのは、本当にありがたいことなんです。

ありがとうございます!!!!

 

私こそ、力が足りなくてごめんなさいね。

でも、頑張れます! 連載長く続けようって、火がつきました。

応援の言葉のおかげで。

創作活動が楽しいです。

小説を書いていてよかったな、って思えるって、しあわせですヾ(*´∀`*)ノ

 

まだまだ続きます、レアクラ。よろしくお願いします♡

「レア・クラスチェンジ!~魔物使いちゃんとレア従魔の異世界ゆる旅~」

 

 

 

それにしても連日、続刊についてよく呟いているような気が??

ほかの作家さんも、打ち切りについてのツイートをしているからかもしれない……

部数助けて、だったり。

打ち切りになりました、だったり。

打ち切り増えましたよね、だったり。

 

わたしもできるかぎりは助けたい(お財布すちゃっ

もちろん家計からお金出すのでたくさんは無理だし、でも、自分だけ打ち切り回避できれば良ければいいことではないから。

すこしでも、なにかが変わればいいなぁって……一冊を書います。

1,000部でも、10,000部でも、100,000部でも、どんな途方もない数字だって、一冊が積み重なってできているから。

 

打ち切り助けてってツイート、「そんなことしたら売れてない作品ってレッテルが貼られてしまうぞ、黙っているべきだ」という意見もありますが、わたしは公表することに賛成です。

 

 

★書籍が打ち切り(絶版)となればどうなるか、知っていますか?

 

すぐに書店から本が消えます。

ネットショップに置いているものは、数冊のみ(売り切れたら補充なし)

新品が裁断されていき、出版社の倉庫を空けることになります。

2年もすれば、ほぼ消滅。新品書籍は手に入れられなくなるでしょう(この約2年という期間は編集部に聞きました)

 

本を出版社が保存し続けるには、倉庫使用料金がかかりますし、書店の本棚は限られているため新刊・売れている本が優先、電子書籍もネットショップへの登録料金があるため配信されなくなる可能性が高いです。

いつまでも書籍があるわけじゃないんです。

まさに一期一会、と考えています。

だから、買えるときに買います。

 

★打ち切り判定は、一週間で行われます。

初速、というやつです。売れゆきが良くなければ、そこでおしまいです。

 

★ライトノベルだけでも、一年で2000冊以上の新刊が発売されているそうです。

 

ものすごい数。

作品があふれる昨今、面白いものだろうと、容赦なく埋もれます。

作者・関係者がすごい熱意を持って宣伝しているものって、一見ライトなものでも荒削りなものでも、細かく見ていくと深みがすごいです。考えて作られている。面白いですよ。

 

ギリギリで声を上げてくれたことで、買えた書籍、うちの本棚に大切に保存しています。

 

 

きっとこれは、体験も買っているんだろうな、と思っています。

打ち切られそうな作品を一冊分、口コミ一回分、助けたという体験。

あなたは文句なしに、作品にとっての救世主(ヒーロー)です。

書籍の読者として、レアクラの作者として、そう思います。

そういう下心じゃなく作品が好きだから! という気持ちならば、作品への最高の応援です。どうかツイートやブログやファンレターで届けてあげてください。作者は一生あなたを忘れられないと思います。

 

読者として、作品を応援させてくれてありがとうございます。出会えて良かった!!

作者として、作品を応援してくれてありがとうございます。たくさん楽しんでもらえるようにこれからも頑張りますね!!

 

 

このようなことを呟いていました。

もしよろしければ、黒杉くろん公式ツイッターをフォローしてくださいね♪

 

 

pixiv fanbox

 こちらにはイラストまとめ、創作裏話、ホームページ制作の記事を書いています。ぜひお楽しみいただけますように。
 100円ご支援いただけることは、書籍一冊買ってくださったのと同じ助けになります。
みなさまいつも応援ありがとうございます!